男は火、女は水の性質

女神漢方

皆さんは「男は火、女は水」というのを聞いたことがあるでしょうか?

女の方がいつも活動的でカッカしていて、火がつきやすくて…という感じがしますが、
セックスに関しては女は水の性質なのです。

どういうことかというと
男性というのはペニス の刺激が始まってから
頑張れば平均5分で射精に至ってしまう。


対して女性は頑張ってもペニス 挿入によるオーガズムまでに
最低でも15分多くは30分程度はかかる。
(なんならペニス挿入でオーガズムに達することができない。
その確率、女性の8割以上)


つまりは男性はもともと火が燃え盛っている状態なので、
いい意味でも悪い意味でもすぐに燃え尽きてしまうけど

女性はもともとが水なので
お湯になるまで男性がじっくりゆっくりと愛撫をしなければ
女性が気持ち良いと感じる前にさっさと男性は射精してぐったりしてしまい
不満が残るセックスになってしまうのです。


これが女性がセックスに不満を抱える理由の一つです。


おそらくこんなセックスが当たり前と思っている方が多いのではないでしょうか?
過去の私もそうでした。

私はそれ以上に激痛もあったので
セックスが良いという理由がまったく理解できませんでした。



ここでね、女性は水の性質と言いましたが
健康な女性、という条件つきです。


皆さんの中に冷え性の方も多いと思うのですが、
もし身体に冷えがあったら、水の性質どころか氷の性質です。
ひえーーー!(ってジョークじゃないですよ笑)


氷からお湯になるまでに一体どのくらい時間がかかるでしょうか? 

氷の状態だと膣もきっと冷えているし固くなっているでしょうし、
こんな状態でペニス が入ってきても気持ちいいどころか痛みを感じるでしょう。


冷えは万病の元などと言われますが、
セックスの気持ち良さの向上のためにも
冷え性は改善しておいたほうがよいのです。


セックスの気持良さ向上にぜひ漢方も取り入れていきたいですね。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました